雨漏り調査・修補工事はお任せ!雨漏り検診技術開発研究所

>> サイトマップ >> お問合わせ >> ログイン

 

雨漏り無料相談

関東地域
関西地域
北海道地域
東北地域
北陸地域
中国地域
:042-495-9685
:078-891-5133
:011-694-5652
:022-294-1241
:0761-58-0936
:086-944-8900
その他の地域承ります。

HOME > 雨漏りの悩み

雨漏りのこんなお悩みアマケンが解決します

雨漏りお悩みランキング

(平成24年一般ユーザーアンケートより)

1位:雨漏りの事をどこに相談して良いか解らない。

Q.以前から雨漏りしていて、近くの工務店に依頼したら、診る前から
  「時間と費用を掛けても治らない事もあります」と言われた。
Q.ホームページ(雨漏りで検索)を見て、電話相談した時、
  内容をあまり確認しない段階で訪問日程を決めようとされた。

 お応えしますA─1をクリックして下さい。

2位:業者に依頼しても一向に雨漏りが鎮静化しない。

Q.幾度となく修補を繰り返しても、雨漏りが止まらない。

 お応えしますA─2をクリックして下さい.

雨漏り雨漏り

3位:本当に雨漏りが治ったか心配。(可能性の話に終始する)

Q.修補を依頼して工事が終わった後に、本当に治ったのか確認したところ、
  「一応完了したが確実に止まったかどうかは様子を見て下さい」と言われ、
  雨が降るたびに不安になる。

 お応えしますA─3をクリックして下さい。

雨漏り雨漏り

4位:明確な雨漏り原因がわからない。
   (主観的な結論付と画一的な修補提案に終始する)

Q.以前、水かけ検査で雨漏り原因を調べてもらいましたが、
  雨の浸入先とその原因は解らないで、
  修補の内容と金額の提示をされ、雨漏りの保証はしてもらえなかった。

 お応えしますA─4をクリックして下さい。

5位:雨漏り改修内容が適切かどうかわからない。

Q.雨漏りの調査後に、見積りしてもらったら、思ったより費用が掛かりました。
  これで治ればと思い工事を頼みましたが、本当に必要な工事だったか疑問。

 お応えしますA─5をクリックして下さい。

雨漏り雨漏り

6位:雨漏り修補や改修工事の保証が欲しい。
   (雨漏りの再発に責任を持たない)

 お応えしますA─6をクリックして下さい。

7位:雨漏りが原因で建物に与えた影響が心配。

Q.雨漏りを業者に見てもらった時、
  その業者から雨漏りで相当建物が傷んでいると言われた。
  その時は、雨漏りしている周辺を目視調査だけだった。

 お応えしますA─7をクリックして下さい。

雨漏り雨漏り

8位:現状、雨漏りのトラブルで法的手段を検討している。

Q.中古住宅を購入して3か月後に入居しましたが、
  雨漏りしている事が解り、不動産屋さんに相談したが、
  「売主に雨漏りの事実は無かった」と言われ、
  仕方なく自己負担で修補工事をしましたが、工事中に施工業者から、
  構造体の腐食がひどくて、大掛りな工事を余儀なくされた。
  その時施工業者さんから、「相当前から雨漏りしていた様だ」と言われて、
  売主との間で問題となってこじれている。

 お応えしますA─8をクリックして下さい。


A─1
アマケンでは、こちらからお聞きする内容(建物の仕様・雨漏り発生状況と検査方法等の問診表作成)を確認致します。この段階で、雨漏り物件の正確な住所はお聞きする事や、費用の発生は有りません。

  ・雨漏り調査は、段階を踏んで行う事が出来ます。

  1. 初動調査(問診票の作成・現場の目視調査)
  2. 簡易検査(雨漏り発生要因部分の検知)
  3. 精密検査(適切な検査の実施・明確な雨漏り原因の特定・正確な検査結果報告書の作成)


A─2
雨漏り原因の特定無に修補を繰返す事で、費用の加算や鎮静化の遅れで漏水被害が拡大する危険性が在ります。


A─3
根本的解決を図る大規模な改修工事以外の修補工事では、ほとんどの業者は雨漏り修補の保証はしていません。


A─4
アマケンの検査結果報告書(精密検査の実施時)記載内容に、雨漏り原因の特定を明記しています。ご希望が有れば、弊所会員で工事出来る方を紹介します。


A─5
アマケンの雨漏り検査結果報告書には、雨漏りを鎮静化する為の修補提案と、根本的快活を図る為の改修提案に分けて記載しています。


A─6
アマケンでは、精密検査後に作成する報告書を提出した際は雨漏り再発に関する保証をしています。アマケンでは、検査結果報告書(精密検査の実施時)を提出し、保証期間は1年です。

※漏水検査結果に基いて行った修補工事及び改修工事以降1年間に渡り同様の漏水が再発しない場合、当該漏水現象は鎮静化したものとし、検査内容及び調査結果は適切であったと判断します。


A─7
我々も目視検査だけでは建物に与えた影響を判断する事は極めて難しいです。
アマケンは常に客観的な観点から評価する事を心掛けています。(過大評価や過少評価を避ける)


A─8
アマケンでは、雨漏りの原因の特定・雨漏りが建物に与えた影響を、中立公正な立場で評価しています。
的確な評価をお求めの場合ご相談ください。但し、関係当事者間への関与は差し控えさせていただきます。

・的確な雨漏り検査の実施
・明確な雨漏り原因の特定
・正確な結果報告書の作成


※詳しい内容は地域の検診士又はアマケン本部までお問い合わせください。

一般ご家庭の方

ご相談・工事依頼はこちら

通常一般ユーザーの方は、必ずしも雨漏り検査や調査依頼は少なく、一日でも早く直す事を目的に、ご連絡を頂きます。そんな時にお役に立つのが、雨漏り検診アドバイザーです。初動調査段階で、修補提案を致します。
※雨漏り発生要因が特定できない場合、消去法による修補工事又はある程度範囲を広げた改修提案を提示する場合が有ります。担当アドバイザーと相談の上、改めて雨漏り検診士による精密検査をご検討下さい。

雨漏りでお困りの全ての方々にアマケンがお応えします

建築・リフォーム事業者様

ご相談・調査依頼はこちら

・自社が係る雨漏り事案において、幾度となく修補工事を繰り返すが、鎮静化に至らない案件。
・リフォーム工事中に雨漏り現象を認識したが、雨漏り原因を特定出来ず改善方法を確定出来ない案件。
・雨漏り相談を受け改修提案をしたいが、的確な判断が出来ない案件。
こんな時、雨漏り検診士が精密検査を行い、的確な雨漏り原因の特定をします。修補工事をご希望の場合、報告書提出後、改めてご相談をお受け致します。リスクを最小限に安心して工事を進める事が可能。

不動産関連事業者様

ご相談・調査依頼はこちら

・建物の売買物件において、雨漏り発生が原因で契約が成立しなかった時や、成立後雨漏りが原因でトラブルになり、困ったことがある。
・賃貸物件の入替時に、雨漏りを発見したが雨漏り原因を特定出来ず改善方法を確定出来ない案件。
こんな時、雨漏り検診士が精密検査を行い、的確な雨漏り原因の特定をします。修補工事をご希望の場合、報告書提出後、改めてご相談をお受け致します。リスクを最小限に安心して工事を進める事が可能。

建物管理関連事業者様

ご相談・調査依頼はこちら

・管理物件で雨漏りが発生し、なかなか専門業者が見つからず、鎮静化までに時間が掛った。
雨漏り原因の特定が出来ず、修補費用の算定に苦労した。
・雨漏り検査が大掛りで、承認を得るまでの期間が長く、長い間放置する結果になった。
こんな時、雨漏り検診士の立会のもと、クライミング(ブランコ)を使用して、的確な雨漏り原因の特定をします。ご希望の方には、検査結果報告書記載内容に基づく修補工事を依頼する事が出来ます。リスクを最小限に安心して工事を進める事が可能。

保険取扱い事業者様

ご相談・調査依頼はこちら

・雨漏り事案の原因が特定出来ず、修補費用の査定が困難だった。
・雨漏り検査を行い、その修補や改修提案を基に工事を行ったが、雨漏りが再発した。

総合受付 アマケン本部まで

フリーダイヤル 0120-06-1332
雨漏り検診お問合わせ
ページトップへ

Copyright © Amamori Kenshin. All Rights Reserved.
Designed by MAXI design
雨漏り相談 クリック